2005年08月30日

食あたり?でダウン

キャンプ旅行から戻ってからずっと体調が悪く胃がシクシク痛むと思ったら、2日後くらいから思いっきり食あたりっぽい症状で寝込んでしまった。思い当たるのは、最後の日に食べたムール貝。火は通してある料理だったけど、症状が生牡蠣を食べ過ぎた後と似てる。経験上、私の場合少量なら貝類は大丈夫なんだけど、一定の量以上食べてしまうと胃腸がやられる傾向にある。だってそのムール貝の前菜は大皿にこんもり大盛りになっていて、多分一人20個位食べた(バカ)。同じものを食べていたBは全然平気だから、「食あたり」かどうかはわからないんだけど、とにかくこの3日ほどおかゆとかスープばかり。今日はもうほとんど落ち着いてきたけど、そんな訳でブログ更新できず。あ"〜、美味しいもの食べたい!

ベッドで寝込んでいた間は、ひたすら読書と、日本の家族に撮ってもらっていたドラマのビデオなどを見まくる。バカバカしい、と思いつつもキムタク主演のアイスホッケードラマ「プライド」にハマる。ロケ地が昔よく行った新横浜のリンクや実家の近くなのでなんだか懐かしい。

2005年08月26日

ガリアーノ島 小旅行

GalianoMap.gif
昨日まで3日間、ガルフ諸島のひとつ Galiano Island に行ってきた。バンクーバー島からフェリーに乗り、途中ペンダー島に寄るので1時間半の道のり(スケジュールはこちら)。南北に細長い全長28キロほどのこじんまりした島で、人口は二千人。

最初の二晩はキャンプして、一泊は貸別荘に泊まった。ペットOKの宿が意外にも少なくて選択肢が限られていたのが残念。キャンプ場は予約をしておいたけど車を持ち込めるサイトが一杯だったので、駐車場から荷物をかついでテントサイトに行かなければならなかったのがちょっと不便。でも海やトレイルがすぐ側だし、静かで快適だった。最後の晩は結婚記念日のお祝いに、Galiano Inn というプチリゾートホテルでディナーを食べた。食事はとても美味しかったし、レストランからの眺めもなかなかいい。また、ガリアーノ島はたくさんのアーティストがスタジオを構えているんだけど、たまたま立ち寄った陶芸スタジオで見た作品がとても気に入ったので、記念に購入。

お天気にも恵まれた3日間、自転車も持って行ったし、シーカヤックで海岸を探検したりと、盛りだくさんで楽しめた。帰宅した翌日の今日はほぼ丸一日片づけと洗濯に追われていた。さて、溜まった仕事を片づけなくては....。
posted by TANYA at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガルフ諸島

2005年08月22日

産まれました!

旅行に行っている間鶏たちはもちろん留守番だけど、果たして大人しくしていてくれるか不安。昨晩鶏舎を掃除し、脱走できないように慌ててフェンスを補強。ガレージの上にあるスイートの住人に、一応様子をチェックしてくれるように頼んでおいた。そんなバタバタしていた状態だったのに、今朝鶏舎を覗くと、ついに....

22_firstegg.jpg我が家で産まれた卵1号が...!!

売っているLサイズ卵と比べると、かなり小さなかわいらしい卵。この卵はキャンプ中にポーチドエッグとなりましたが、割ってみたら黄身がこんもりとしていて、新鮮そのもの。どの子が産んだのかわからないけれど、ありがとう〜!!

22_egg.JPG

ちなみに我が家では雄鶏は飼っていないので無精卵。実は、つがいでもない鶏が毎日卵を産むという事実が以前はすごーく不思議だったんだけど、わかりやすく説明しているサイトを見つけた。(とがし園芸養鶏

毎日のように食べる卵も、鶏たちが頑張って産んでくれていると思うと、ありがたく感じるもの。今日の出来事は、自給自足に一歩近づいた気がして、なんだかとっても嬉しかった。

2005年08月20日

ブラックベリー

20_blackberries.JPG

あちこちに生えているブラックベリーが黒い実をつけ始めた。我が家から海へ出るときに通るトレイル沿いにびっしり生えているので、犬の散歩に行くついでに摘み取っている。今日はブラックベリー入りのマフィンを作ってみた。

このブラックベリーは Himalayan Blackberries(ヒマラヤン・ブラックベリー)という種類で、名前からもわかるとおり元々バンクーバー島に自生するものではない。1800年代後半に北米大陸に持ち込まれて以来、ものすごい繁殖力を発揮して増え続け、自生の植物を蹴散らしてあらゆる場所にはびこっているのだ。北米原産のブラックベリーは果実が小さめで、外来種に押されて数が減っていると聞いた。そんな訳でエコシステムを破壊している迷惑な「雑草」なんだけど、ぶどうに似た風味の甘い実は初秋の味覚として楽しめるのが救い。

ちなみにブラックベリーピッキングに行くなら、長袖のシャツとできればガーデニング用の厚手の手袋をつけることをお薦めします。ちょっと腕を伸ばして上の方にあるベリーを取ろうなんて思うと、鋭い棘であっという間に無数のひっかき傷がつくのでご注意を!
posted by TANYA at 23:50 | Comment(3) | TrackBack(1) | 食・料理

2005年08月18日

オトナのディナー

Bと私とセサミ、揃ってYさんの家にお呼ばれして夕食をご馳走になった♪

18_dinner.JPG

前菜にはアスパラガスの冷製クリームスープ、サラダ、おまけで持って行ったサーモン(Bが昨日釣った)の刺身。メインがジューシーなポークローストとグリルしたオニオン&グリーンピース添え。デザートにジェラートとブラックベリー。どれもとっても美味しくて、お腹一杯食べてしまった。テーブルセッティングも洗練されていて、まるでレストランにいるかのよう。我が家では絶対真似の出来ないオトナのディナーって感じでした。

我が家ではカジュアルなディナーパーティーしかやったことないし、フォーマルなダイニングルームもない。雑誌やテレビなどではディナーパーティーのアイディアが美しい写真と共に色々紹介されているけど、みんなこんなお洒落な生活してるんだろうか? でもいつか、普段滅多に会えない家族に集まってもらって、クリスマスにターキーディナーをやるのが夢。Bが普通の人の休みに最も忙しいシェフでいる間は無理かもしれないけど...。
posted by TANYA at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 食・料理

2005年08月17日

秋の気配

sunset.jpg

ここ1週間くらいで、急に日が落ちるのが早くなった気がする。しかも朝晩はかなり冷えるから、夜出かけるときは長袖じゃないと寒い。多分9月中にもう一度暑い期間が来るとは思うけど、もうすっかり秋の気配を感じる。

昨晩、1ヶ月ぶりに雨が降った。毎年のことだけれどBC州は夏場に極度の雨不足になり、あちこちで山火事が起こる。原因のほとんどはタバコの吸い殻やキャンプファイヤーの残り火など、人災なのだそう。そんな訳で現在バンクーバー島南部では焚き火は一切禁止。気休めかもしれないけれど、昨夜の雨で消防士の人たちも少しはホッとしただろうか。私も1日だけ庭の水まきをしなくて済んだのでちょっと嬉しい。

来週はガリアーノ島にキャンプに行く予定なんだけど、この様子ではまだ焚き火はできそうにないのが残念。夜も冷え込みそうだけど、新しい寝袋を買ったばかりなのでちょうどいい。キャンプは今年初めてなので、楽しみ。

2005年08月15日

Free Range Chicken

16_chickontheroof.JPGニワトリたちが我が家に来て2ヶ月ちょっと経過。そろそろ卵を産んでもいい頃なのでは?と毎日チェックしているんだけどまだその様子はない。でも2ヶ月前の写真と比べると格段に体も成長し、態度も随分大きくなってきた...(汗)。最初はピヨピヨという鳴き声も混じっててかわいかったのに、今はすっかり図々しくなって、人間を見かけると結構大声でコーッ!鳴いて走ってくる子もいる。餌はフィーダーに常に入れてあるんだけど、ときどき野菜クズなど他のものをあげているので、味をしめてしまった模様。


そんな鶏達、実はかなり飛べることが判明。数日前、外がやけに騒がしいなと思ったら、鶏舎のドアを倒して全員が脱走していた。鶏舎の周りは頼りないワイヤーの網で仮に囲ってあっただけだし、ドアは単に立てかけてあったので、一羽が飛んでフェンスの上に留まったら体の重みでフェンスがドアごと全部倒れてしまったのだ!フェンスの中もある程度走り回れるスペースはあるけど、やっぱりもっと広い範囲を動き回りたいのかな。

16_arayotto1.jpg

そしてさらに驚愕の事実(大げさ)!なんと夜、何羽かグリーンハウスの屋根の上で寝ていたのを発見。鶏小屋の上に登り、そこからグリーンハウスの屋根に飛び乗った瞬間も目撃してしまった。(上の写真)
そんな訳で、ここ数日はすっかり Free Range Chicken(放し飼い)状態になりつつある。愛犬セサミも彼女たちの存在にすっかり慣れてきた様子だし、鶏もあまり怖がってない。夜は自ら鶏舎の中に戻るから、一応ここが家という自覚はあるらしい。意外と頭がいいのかも!?

15_chicksandsesame.JPG

ようやくバックヤード全体にフェンスを作るための材料が届いたので、鶏舎の周囲にもしっかりした囲いは作る予定。でも鶏糞は土にとてもいいし、日中は放し飼いのほうがいいかもしれない。

アンタ達のために色々苦労してるんだから、とにかく早く卵を産んでくれ〜!!

2005年08月13日

オフ会レポート

ピアレスさんと一緒に呼びかけたビクトリアに住む日本人の「オフ会」は、当初はこじんまりした集まりになると思っていたところが、いつの間にか参加者リストは30名に。今日そのパーティーを Ahn Japanese Fusion Cuisine を貸し切って行った。
13_food.JPG

参加者はビクトリア近辺に住む移民、学生、ワーキングホリデーの人など。ちなみにほとんどが女性で、男性はたった3人!会場が2時間しか貸し切りにできなかったので一人ずつ自己紹介をしている時間がなく、全員とゆっくり話せなかったのが残念。パーティーの間は名札をつけてもらったけど、これだけ大人数だと顔と名前がなかなか一致しない(汗)。不慣れな幹事なので全然余興とか用意していず申し訳なかったけど、みんなご飯を食べることよりも喋ることに夢中だった様子。楽しんでもらえたでしょうか?

海外で日本人同士が集まることを、「日本人だけで固まっている」と批判する人もいるけれど、長く住むならなおさら母国語と文化を共有できる仲間は貴重な存在。日本の友人達は皆忙しく、すっかり疎遠になっているから、やはり近くに友達が欲しいというのが本音。普段英語ばかりの環境にいると、たまには日本語で思いっきりお喋りしたくなる。今回は普段オンラインでコミュニケーションを取っている人たちと軽く「顔合わせ」という感じだったけど、これを機にまた何かの集まりを続けたいな、と思っている。さて、次の企画は何になるかな...。

参加してくださったみなさん、どうもありがとう!

2005年08月12日

流星群

12_stars.JPG先週から何度かものすごく星空がきれいな夜があり、流れ星を見た。Bが今日と明日が流星群が一番よく見える夜のはずだと言うのでネットで調べたら、ペルセウス座流星群(Perseid Meteor Shower)というものらしい。

我が家は街灯もなく木に囲まれた住宅街にあるので、家の明かりを消せばかなり暗くなり、星を見るにはとてもいい条件。キャンプ用のマットと寝袋をひっぱり出して芝生の上に寝っ転がると、頭上にはたくさんの星がまたたき、星の光だけで足下がわかるくらい明るく感じる。数分もしないうちに、かなり明るい流星が長い光の線を描いて夜空を横切っていった。1時間ちょっとそうして星空を見つめていたけれど、20個ほどの流れ星を見た。試しに写真撮影も試みたけど、素人なのでなかなかうまくういかない。でも1枚だけ、かすかに飛跡が見えるのがわかるでしょうか?
12_meteor.JPG

ちなみに今までに見た星空で一番きれいだったのは小笠原。天の川があそこまでくっきり流れている夜空は他では見たことがない。船で丸1日以上かけて行く価値のある場所だったなあ。

2005年08月10日

クイール

11_QuillDVD.jpgUVic ことビクトリア大学の中にある映画館 Cinecenta に、今日まで3日間上映していた日本の映画「クイール」を観に行ってきた。

クイールの物語は随分前に盲導犬となるまでの記録をまとめた写真集を見たことがあり、NHKのドラマでもやっていたのでだいたいのストーリーはわかっていた。涙腺の緩い私は覚悟をしてティッシュを持ち込む。案の定、前半でまだ誰も泣いていないようなシーンでもうウルウル状態に!

この映画は一匹の盲導犬の生涯を、人とのつながりを通して淡々と綴っている。こういった動物もの映画は「お涙ちょうだい系」と評されるけど、大げさな演出は一切なく、ストーリー展開も地味。私はむしろ、この淡々としたところが、物言わぬ犬の静かな感情と存在の切なさを表現しているように思えた。主演の小林薫、椎名桔平は二人とも私の好きな役者さん。犬たちの名演技も素晴らしいし、犬の表情をとてもよく捉えたカメラワークが印象的だった。犬を飼ったことがあり、愛犬との別れを経験している人ならば、涙なしでは見られない映画だと思う。

一緒に観に行ったHちゃんが、同じくらい涙もろい犬好きでよかった。大阪が舞台で、日本人にしか理解できないのではないかと思うようなシーンもあり、ノスタルジックな想いにもかられた。映画館を出た後にまた思い出し泣きをする二人、結構異様だったかも(笑)。

Cinecenta では、大手映画館で配給の終わった映画や海外物などを上映していて、UVicの学生でなくても学割がきくし、一般料金も安い。小さい劇場だけど結構快適だったので、またスケジュールをチェックして観に来よう。
posted by TANYA at 23:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | エンターテイメント

映画版 RENT 今秋公開!

RENT(Original Broadway Cast)
10_RENT.jpgアップルのサイトで映画のトレーラーを物色中、ミュージカル RENT が映画化されていることを発見(トレーラーはココ)。このミュージカルがブロードウェイで始まった96年、ニューヨークで公演を観た私はすぐにサウンドトラックのCDを購入、台詞を覚えるくらい何度も聴いた。当時ブロードウェイミュージカルにはまっていた私はその後2年連続NYを訪れ、もう一度 RENT を観に行くことができた。一度目は言葉がわからないところが多々あったけれど、サントラを聴いていたこともあって今度は台詞も理解でき、より感動が大きかった。

ミュージカル RENT はプッチーニのオペラ「ラ・ボエム」をモチーフに、現代風にアレンジしたもの。NYのイーストビレッジを舞台に、若者達が夢を持ちながらも生活苦、AIDSやドラッグといった厳しい現実と闘っていく様子を・いている。制作者のジョナサン・ラーソンは公演の始まる直前に35歳という若さで急死してしまった。でもこのミュージカルはデビューの年にトニー賞を総ナメにし、ピュリッツァー賞も獲得。初演から9年経過した今でも絶大な人気を誇っているからすごい。

映画がどの程度舞台の感動を再現できるかどうかはわからないけれど、96年当時のオリジナルキャストが中心とのこと。既に現在のステージでは出演していない彼らの姿がまたスクリーンで観られるのは嬉しい。トレーラーにも使われている Seasons of Love は、コンピュータ学校に通っていた時、ビデオ編集課題のテーマに選んだ曲。歌詞も美しいメロディーも胸に響く名曲だと思う。

映画はトロント・NYなど一部の都市で11月11日、その他は11月23日公開予定。オフィシャルサイトではブログもあり、キャストのインタビューなど内容盛りだくさん。さて、これから久しぶりにCDで全曲聞いてみようかな。

How do you measure a year in the life? How about love?
No day but TODAY...

posted by TANYA at 23:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | エンターテイメント

2005年08月09日

たこ焼き

10日分くらいためていたブログをようやくアップデート(汗)。文章は毎日のように書いていたんだけど写真の整理が追いつかなくてタイムリーに投稿ができなかった。本当はきちんと1日の終わりにその日の出来事を報告したいんだけど。

09_takoyaki1.jpg
夕方、友人Hちゃんの家でご飯を食べることになっていたのでダウンタウンへ。なんと、今晩の夕飯はたこ焼き。タコは韓国食料品店で冷凍物をゲット、こんにゃく、しょうが、天かす、ネギ入りの本格的な味。熱々をハフハフ言いながら食べた久しぶりのたこ焼きは、本当に美味しかった!

09_takoyaki2.jpg
ちなみに関西では一家に一台たこ焼き器があるそうだけど、カナダにまで持ってきているからすごい(笑)。東京出身の私は、実は家でたこ焼きを作ったことがない。大阪に住んでいたこともあるHちゃんの相棒(カナダ人)のほうが私よりたこ焼きの返し方が上手だった。屋台で使っているようなたこ焼き用の鉄板がちょっと欲しくなってきたかも。
posted by TANYA at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食・料理

2005年08月08日

バンクーバー・カナックス update

NHLのロックアウトがようやく妥結して今シーズンの開催が決定しほっとしたのもつかの間、ホッケー界はトレードやフリーエージェント選手の獲得などで毎日目まぐるしい動きを見せている。そんな中、Vancouver Canucks のキャプテン Marcus Naslund が先日カナックスと3年契約を結んだ。03-04シーズン終盤に Todd Bertuzzi の乱闘事件、プレーオフも1回戦で敗退して尻すぼみに終わったこともあり、チームの顔となっていた彼が残ってくれて本当に嬉しい。またラインメイトの Brendan Morrison も揃って3年契約を更新した。

続きを読む
posted by TANYA at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2005年08月06日

ゴーヤ・チャンプルー

ブログを通して知り合った Joe さんが昨晩から我が家に遊びに来ていた。今日バスに乗ってN村へ帰る彼女をダウンタウンに送るついでに、久しぶりに Moss Street Market へ。テントの数が増えていてかなりの賑わい。例によって Uminami Farm のお野菜たちを買って帰る。今回はなんと苦瓜(ゴーヤ)があったので、チャンプルーに挑戦してみた。何度か食べたことはあったけど、実は作るのは初めて。あり合わせで豆腐とベーコン、卵を加えて、鰹節をたっぷりかけて食べた。ちょっと苦いけどそれがまたなんだかクセになる美味しさ。我が家でも日本の野菜は育てているけど、素人なので成長が遅いし、味もまだいまひとつ。こうして農家できちんと作っている野菜が気軽に買えるのはとても嬉しい。
06_goya.JPG
posted by TANYA at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食・料理

2005年08月03日

フィッシング・ふくろう

03_sesame_j.jpg
フィッシングチャーターのビジネスをしているBの友人Cに誘われて、夕方からボートに乗って海へ。愛犬セサミと、Cの2歳半の息子Jくんも一緒。Jくんはさすがに慣れていると見えて全然ぐずったりしないのに、セサミは初めて乗るボートの音と揺れに落ち着かない様子。釣りのポイントまで行って魚がかかるのを待ったけど、全然かからないのでしばらくしてから場所を変えた。移動するとき私はボートの先端に座ったままだったので、ジェットコースター気分!
釣りは3時間以上ねばったけど、今晩のおかずのはずだったサーモンは現れず、なんと坊主に終わった(涙)。でも天気は最高だったし、釣れなくても私は満足。

03_owl.jpg帰り道、セサミを走らせるため Royal Roads University に立ち寄ったら、薄暗くなったグラウンドのサッカーゴールの上にふくろうがとまっていた。なかなか間近で見る機会はないので思わず撮影。

2005年08月01日

8月の菜園

ついに8月に突入。夏至も過ぎているので8月に入るともう夏も終わり、という感じがしてしまう。今年のバンクーバー島は6月の天気がとても悪く、7月中旬になってようやく夏らしくなったので、まだ全然暑さを楽しんでいない気がする。

忙しくてなかなか手が回らない畑は荒れ放題になっていて、野菜達の成長具合はいまひとつ。それでも少しずつ収穫した作物を楽しめるようにはなってきた。

01_tomatoes.JPGようやく色づいてきたトマト。色々な種類を植えたけど、これが一番大きく育った。

01_daikongobou.JPG手前はそろそろ大きくなってきた大根、奥の大きな葉っぱは牛蒡。間引きしてどんな風に育っているかチェックしてみたら、マッチ棒くらいの細さだけど結構まっすぐ根が伸びていた。楽しみ!

01_babycarrots.JPG胡麻よりもはかない人参の種は蒔くときにどうしても固まってしまうので、芽が出たら間引きをしなくてはいけない。でもサボっていたので成長が遅く、今頃になって間引きしてみた。でもこんなチビたちでも堀りたてを食べれば滋養たっぷり。


01_babycarrots.JPG
バンクーバー島ではそこら中にブラックベリーが生えていて、そろそろ旬を迎えつつある。家の庭にも生えているけどものすごい棘があって危ないし、正直言って迷惑もの。最近散歩の途中などによく道端でブラックベリーピッキングをしている人を見かける。

今年はまだ自給自足にはほど遠いけど、自ら育てた野菜達を少しでも食べられるのは嬉しい。バンクーバー島にはオーガニックファームが多く、新鮮で美味しい野菜が手に入るから、畑仕事を敢えてする必要はない。でも自分の手で育てることで、オーガニック農家の人がいかに苦労しておいしい野菜を育てているのか想像がつき、つくづくありがたみを感じる今日この頃。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。