2006年03月18日

I have a weakness for books.

海外に住んでいるとなかなか欲しいモノが手に入らないことも多い。カナダの流通事情が悪い上、ビクトリアはフェリーか飛行機でしかアクセスできない島にある小さな町なので、品揃えがよくないのだ。でも最近ではネットショッピングが気軽に出来るようになり、日本からも海外に発送してくれるお店が増えているのがとてもありがたい。

実はもうすぐ日本に里帰りする予定なので、今回は何を仕入れてこようかと、最近毎日のようにオンラインストアをチェックするという危険行動に走っている(笑)。私は特に本とキッチン道具にはめっぽう弱い。本は友人と貸し借りし合ったり、ダウンタウンの図書館にある日本語の書籍(ほとんどは短期滞在者が寄付していったもの)を借りることもあるけれど、欲しい本は無限にある。最近とくに浮世絵関連の本や料理本にハマッていて、今アマゾンのカートに入っている本はいつの間にか30冊(汗)。もちろん全部買う余裕はないし、日本で古本屋をこまめにチェックして欲しい本を安く手に入れる努力はするつもりだけど、本だけで数万円の出費になりそう...。重いので飛行機に載せる荷物の重量制限に貢献してしまうし、後から送るにしても送料が高いから悩みの種だ。

最近知ったんだけど、日本のアマゾンでは洋書も取り扱っていて、ほとんどの洋書はカナダのアマゾンで同じものを注文するよりも安い!送料も和書と同じ扱いだし、洋書でさえ日本の方が安いとは驚いた。今の為替相場とBC州のバカ高い消費税のせいでもあるが、なんだかショックな事実...。カナダってつくづく買い物に不便な国だ。でも逆の見方をすれば、何でも手に入る便利な日本が特別なのかも。

18_sunset.jpg
↑夕方の散歩で夕日を見に近くの海岸へ。
posted by TANYA at 23:50 | Comment(3) | その他日記
この記事へのコメント
そうなんです。私がこちらにきて一番困ったのは、本屋なんです。日本では毎日のように本屋に入り浸って、新刊をすばやく手に入れるのが快感だったのに・・・。はっきり言ってヤク切れ、もとい、活字切れ症状が出て大変でした。(一応シアトルには紀伊国屋書店がありますが、品揃えは問題外)

ですから、私が日本へ帰りたいと思う理由は「温泉」と「本屋」のふたつ!(おとうさん、おかあさん、ごめんよ〜)3日くらい本屋に籠って過ごしたいというのが現在の夢です。でも旦那と一緒だと日本観光になっちゃって、全然里帰りの気分を味わえないんだよな〜。
Posted by なすび at 2006年03月19日 14:39
ご無沙汰してます。私も活字中毒なので、日本の本は常にチェックしてます。私のTipsは、当たり前だけど日本から人が来る時に本を頼む。オンラインで買うときはBK1だと送料は実費だけなのでそんなに高いと感じません。あとはビクトリアの古本屋をマメにチェック、バンクーバーのブックオフも行くと必ず覗きます。あと最近は、某カナダの情報サイトのクラシファイドで、ビクトリア在住の日本人の子から宮部みゆきの本などどっさり買って$20でした!なのでそういうところもチェックすると良いと思います。
Posted by Peerless at 2006年03月20日 03:14
>なすびさん
いましたね、ここにも活字中毒が..! 品揃えが少ないと言ってもシアトルには紀伊国屋があるなんて羨ましい限りです。注文は受け付けてくれないのでしょうか? ビクトリアには日本語の本屋さんないんですよ〜。
私は今回の里帰りはダンナを置いてけぼりにするので(悪妻!)、ゆっくり温泉と本屋と魚料理を楽しんでこようと思ってます(笑)。

>Peerlessさん
本まとめて$20は安い!私もbk1は利用したことあります。CLUB JAPANはご存じですか? CD/DVDは無料で海外に送ってくれるんです。ちょっと入荷に時間かかりますが今キャンペーン期間で書籍も送料が安いので、先月注文しました。アマゾンのは珍しい本など在庫が豊富で中古本も買えるので、日本で買うときはアマゾンか楽天ブックス、CDやDVDならクラブジャパン、普通の本をカナダに送ってもらうならbk1と、使い分けてます。
http://www.clubjapan.jp/
Posted by TANYA at 2006年03月20日 08:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。