2005年06月08日

夫の手料理

08_dinner.JPG腱鞘炎が再びちょっと悪化してしまった私に代わって、Bがまたご飯を作ってくれた。レストランに勤めている時代は夕飯時にはいないし、朝ご飯などを含めて1ヶ月に数回しか作ってくれなかったんだけど、家にゲストがいることもあってか、最近なんだかマメに作ってくれる。
メニューは、オリーブと赤ピーマンをはさんだおひょう(Halibut)のオーブン焼き、友達が近くで釣ってきたなんだかよくわからない魚の唐揚げ(でも美味しかった)、野菜炒め、茄子の焼き浸し風。私はご飯を炊いてお味噌汁を作っただけ! 毎日こんなに作ってくれたら楽だから、ずっと腕が痛いふりでもしておこうかな...(笑)。
posted by TANYA at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食・料理
この記事へのコメント
ぼ・・・ぼくも腕が痛いです。ってのは冗談で、さすがおいしそうですね。
なんだかよく分からない魚の唐揚げ!!おいしくてよかったっす。
Posted by yukun at 2005年06月11日 15:31
「なんだかよくわからない魚」の正体は、Pile Perch という名前で、ウミタナゴ科の魚でした。このへんじゃ食べる人がいないらしくて魚屋さんにも並ばないらしいんですが、結構美味しい白身魚でしたよ。なんたって自分で釣ればタダ!(笑)
Posted by TANYA at 2005年06月12日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。